【室内遊具】子供の運動不足解消に!おすすめ5選

「雨だから外に遊びにいけない…」

「感染症が怖くて外に行けない…」

「とりあえず、遊び足りない!」

なんてときに助かるのが室内遊具。

「外出自粛中だから…」と言っても子どもは大人の事情はわかってくれません。

外で遊びたいけど遊べないときに役立つ室内遊具、おすすめ5選を紹介します。

目次

室内遊具おすすめ5選

トランポリン

飛んだり跳ねたりが大好きな子供。

ソファやベッドで飛んだり跳ねたり、怒ってしまうことも多々ありますよね。

そんな子供にぴったりなのがトランポリンです。

楽しく遊ぶ目的以外にも体幹を鍛えたりバランス感覚を養えたりと様々な効果もあり、運動不足解消にはおすすめです。

また、大人も使うことができるのでこどもが使っていないときにはママの運動不足解消やダイエットにも役に立ちます。

意外と1分飛び続けるだけでも息が上がるので、いい運動になっていると実感できますよ。

5000円以下のコスパの良いもの、折り畳みが可能な物やゴムバンドで静音効果のある商品もあるので、おうちの環境にあった物を選んでみてください。

すべり台

こちらも子供が大好きですね。

すべり台の階段を上るためにはおしりの筋肉、握力、腕で体を引き寄せ、足で体を持ち上げる力が必要です。

そして滑るためには背筋を伸ばし、おなかに力が入った姿勢を保つ必要がありますね。

遊びのなかで無意識に行うことも、バランス感覚を養っています。

大人にとっては「こんな小さなすべり台で運動になるのかな?」と思ってしまいますが子どもにとっては沢山の力を使う必要があるため、いい運動になるでしょう。

1歳ごろから遊ぶことができ折り畳みも可能なものが主流なので、収納も可能です。

公園で逆走して「コラーっ!!」なんて怒られている子もおうちのすべり台であれば好きに遊べます。

5000円以下のものがほとんどでリビングにもなじむおしゃれなデザインのすべり台もあるので、おしゃれ好きなママもリビングの雰囲気を壊すことなく取り入れやすいでしょう。

足けり車

子どもは乗り物が大好きです。

こちらは1歳ごろから遊ぶことができます。

自身のこどもは1歳の誕生日に購入しましたが、最初はぬいぐるみを乗せて押し車として使っていました。

3歳手前となった今では、すごい勢いで走り周り片輪浮かせながら曲がっています。

時には、座面部分は秘密の隠し場所に。

探し物は大抵そこに入っており、なぜかたまねぎが入っていたこともありました。

足で蹴って走行することにより、楽しみながら脚力アップが期待できます。

はたらく車や本物さながらのデザインの車など、種類もたくさんあるので子どもが気に入ったものにすると長く遊んでくれるでしょう。

ジャングルジム

運動神経を鍛えるだけでなく、バランス感覚なども身に付けることができるジャングルジムは、対象年齢が1歳ごろから6歳ごろまで設定されているものも多く、長く使用できますね。

昇り降りすることで全身の運動になり、運動不足の解消やストレス発散にもなります。

ジャングルジムだけでなく、すべり台やブランコ、鉄棒とセットになっているものもあり、子ども自身で様々な遊びを考え、想像力を鍛えることもできます。

ただこちらは大型で、2畳以上のスペースが必要になるものが多いので注意が必要です。

最近では折り畳みできるタイプや、部屋になじむようなおしゃれな配色のものがあったりと商品が充実していますので、部屋にあったものを選ぶと良いでしょう。

バランスストーン

「なにそれ…?」という方も多いかもしれません。

こちらは川の中などにある石を飛び移っていくことをイメージした遊具です。

遊びながら自然に体幹強化、筋力アップ、関節の運動能力の向上など様々な効果が期待できます。

ジャンプして着地を繰り返すシンプルな運動ですが配置を自分で決めたりできるので、個々の運動能力に合わせて難易度を変更できます。

また、自分で配置を決めることができるので2歳ごろから大人まで幅広い世代で利用できるのでママも一緒に運動不足を解消できますね。

一緒に遊べる遊具は少ないので、子ども喜びます。

まとめ

外で遊べなくても家の中での運動不足解消できるのは助かりますね。

おうちの様子や子どもの成長にあった遊具を選びましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

訪問いただきありがとうございます。
息子(3歳)と娘(0歳)の育休中2児母。
出産前まで週6勤務残業有な建設業の社畜事務員。
電卓打たせたら早い。

主に育児や暮らしについて発信しています。
チョコが好き。
趣味はつまみ細工。

コメント

コメントする

目次
閉じる