外壁をニチハのサイディングに決めた最大の理由【マイホーム】

長年思い描いていた夢のマイホーム。

理想のお家を建てたいと思いますよね。

主人と意見をすり合わせていく中で一致した意見は

「なるべくメンテナンスコストがかからない家がいい」ということでした。

目先の費用を抑えたところで、10年後、20年後に必要となってくるメンテナンス費用

正直メンテナンスフリーなものなんてない。

かといって一番メンテナンスフリーに近いと言われるタイルを選択できるほど予算はない…

そこで我が家が後悔しないために選択した外壁についてお話します。

この記事はこんな人におすすめ

✔ サイディング選びに悩んでる人
✔ ニチハのサイディングが気になる人
✔ Fu-geプレミアムが気になる人

目次

選択した外壁【Fu-ge プレミアム】

まず、たくさん種類があるなか、我が家で採用した外壁がこちら。


ニチハ Fu-ge プレミアム プリレート プレミアム

大地を形成する土と石が混ざり合う様をモチーフにしたナチュラルな表情が印象的。

割石の陰影が壁面に深みと揺らぎを創出し、アクセントからベース柄まで幅広く対応。

型式ELS051P
寸法16×455×1820mm
標準価格(税抜)4,700円/枚 5,676円/㎡
重量約16kg/枚
張り方ヨコ張り

この外壁を知っていたのは主人でした。

塗り壁しか知らず、外壁の知識なんて全くなかった私。

地元の工務店でお家を立てましたが、その工務店は塗り壁推しだったため

自分たちで調べ、カタログやサンプルを取り寄せて決めました。

ショールームへ行けるのが一番理想でしたが、我が家は地方の田舎。

ショールームなどない。

最大の決め手

ンテナンスコストが削減できる。

これに限ります。

ニチハの「プレミアムシリーズ」はプラチナコート30を採用しており「塗膜の変色・褪色30年保証」に対応。塗り替えの負担が軽減されメンテナンスコストがお得になります。

こちらの表でいうと、我が家は一番上のFu-gePREMIUMと一番下のプラチナシールを使用。

プラチナシールはシールといいつつ、シーリング材です。

Fu-guプレミアムは除くとありますが、我が家はすべてにシーリング目地が無いわけでなく開口部(窓や掃き出し周り)はプラチナシールを使用しています。

↑ こんな感じ ↑

最初はすべて目地無しにできるドライジョイント工法を使用するつもりでしたが、「地元で採用している人はは殆どいない上に高い」と言われ、諦めました。

めっちゃ高かった。

ちなみに打ち換えオススメの理由は

プラチナシールは30年以上の耐久性能(自社試験)を有していますが、地震などの建物の揺れにより「切れ」や「はく離」が起こることがあります。
特に負荷のかかる「外壁材本体どうしの継ぎ目」のシーリングにつきましては、15年から20年経過した時点での打ち替え工事をおすすめしています。

とのこと。

外壁材同士の継ぎ目には使用していませんが、紫外線や風雨にさらされているので劣化は免れません。

耐久性能は30年以上有していると記載があるので30年耐久性能を期待したいと思います。

プラチナシールは打ち換えが必要になると思いますが、プラチナコート30が採用されている外壁は塗り替えや張替えの必要ないのでかなりのコストダウンになります。

詳しくはニチハの公式ページを参照ください。

シーリング目地のない見た目

Fu-geプレミアムの魅力である、シーリング目地がいないことによる見た目のきれいさ。

左右接合部はシーリング目地が入らないため、柄に合わせた自然な継ぎ目で一体感のある壁面。シーリングの黒ずみ汚れや、シーリングの切れの心配もありません。

年数がたってくると必ずシーリングは汚れてしまうので

シーリングがないだけで、見た目のきれいさを維持することができますね。

しかしながら、場所によって隙間の広さに差があるので、外壁を張る職人さんの腕により出来上がりが左右される気がします。笑

正直、思ってたより隙間空いてた。

気になるところ

玄関の柱

ぱっとみでわかるこの柱の継ぎ目。

すごく気になりました。

一般的なサイディングであればシーリング目地が入っていたので、どっちにしろ気になる場所になったかなと思います。

ここに関しては玄関を柱のない形にしたらよかった。

↑ こんな感じの柱のない玄関であれば問題なかったかなと。

こればっかりは設計段階から気にしてもおらず知識不足でした。

家は3回建てないと理想の家にはならないと言いますが本当だなと実感。

サイディングの柄

我が家は横が一致しない柄を選んでしまいましたが

横がそろいやすい柄であればさらに統一感があったのではないかなと。

例えばこちらの柄はミラコロ。

縦横が統一されているので目地がないことできれいさが引き立つ柄かなと思いました。

実は我が家、ミラコロとプリレートで最後まで悩んでプリレートにしました。

柄的にはプリレートが好きで選びましたが、横の柄が一致しないことが気になるのであれば、こちらもきれいかなーと思います。

【結果】Fu-geで満足している

入居し1年半ほどたちましたが、現状何の問題もありません。

あったら困るけどね。

メンテナンスコストを重視し選んだ外壁ですが

実際のところ発売されてから数年しかたっていないので「30年経っても大丈夫だったよ!」という口コミもないわけです。

社内試験等行って発売しているので問題がないことを信じたいですね。

10年、20年経たないと結果はわかりませんが現状は満足しています。

我が家の選択、参考になれば幸いです。

また何かあれば更新していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

訪問いただきありがとうございます。
息子(3歳)と娘(0歳)の育休中2児母。
出産前まで週6勤務残業有な建設業の社畜事務員。
電卓打たせたら早い。

主に育児や暮らしについて発信しています。
チョコが好き。
趣味はつまみ細工。

コメント

コメントする

目次
閉じる